スタッフブログ

   

2022.11.8
どんぐりを拾って植樹活動?

IT推進室の西川です。

みなさまは「どんぐり銀行」をご存知でしょうか?
「どんぐり銀行」はベネリック株式会社が運営している植樹活動です。

▼どんぐり銀行 – ベネリック株式会社
https://benelic.com/company/donguri_bank.html

どんぐり1コを1D(ドングリ)として貯金し、100個溜まったらどんぐりの苗木と交換出来ます。
苗木は自分で受け取って育てることも、代理植樹してもらうことも出来ます。

昨年このどんぐり銀行を知る機会があり、毎年11月初旬に山の方へ出かける機会があるので実際にどんぐりを拾って、預けてみることにしました。

預金までの手順としては以下のようになります。

  1. どんぐりを拾う
  2. 水洗いと選別
  3. 乾燥・計数と小分け
  4. どんぐり銀行出張所へ持ち込む(郵送で本店に送ることも可能)

今回は、実際に私がしたことを紹介したいと思います。
紹介と言っても、どんぐり銀行のホームページに書いてある手順そのままですが…。

1.どんぐりを拾う

公園や山などでどんぐりを拾います。種類や大きさは問いません。
この時に割れや穴の空いていないものを選んで拾うことをオススメします。
(特に穴開きは要注意…選別中に芋虫と遭遇することになります。)

あとは既に芽がでているものはそっとしておきましょう。

2.水洗いと選別

拾ってきたどんぐりを水につけて、沈んだどんぐりだけ洗います。
持ち帰ってくる最中に割れることもあるので、洗うときに再度割れや穴がないか見つつ選別します。

3.乾燥・計数と小分け

太陽光にあてて乾燥させます。
昨年はこの工程で割れが大量発生してしまいました。その数なんと172個中106個…。
原因は温度差の様子。直射日光に長時間当てると乾燥しすぎてしまうようです…。

今年は気をつけたので、約160個中割れたのは4個で済みました。
この乾燥させたどんぐりを、密閉せずに袋に入れて数を書いておきます。
私は家にあった茶封筒に20個ずつ入れました。

4.どんぐり銀行出張所へ持ち込む

小分けしたどんぐりをどんぐり銀行の出張所へ持ち込みます。
「どんぐり銀行の出張所ってどこ?」って思いますよね。
なんとジブリのグッズを取り扱っている「どんぐり共和国」がその出張所となっています。

尚、取り扱いのない店舗もあるので店舗一覧で確認してから行きましょう!
▼どんぐり共和国 店舗リスト
https://benelic.com/donguri/list.php

私はどんぐり共和国 なんば店へ。
初めてのときは、「どんぐり銀行にどんぐりを預けたいのですが~」と伝えるとどんぐり銀行の通帳を発行してもらえます。※発行手数料として100円(税別)がかかります
2回目からはその通帳を持って、どんぐりを預けにいきます。

 

レジで店員さんにどんぐりを確認してもらって、問題なければ通帳に個数を記入してもらえます。
この時、通帳に貼る葉っぱとどんぐりのシールがもらえます。子供が喜ぶやつです。

 

今回、預けているどんぐりが200個を超えたので、1~2月には苗木1本へ払い戻しができます。
自分で植える場所はないので代理植樹にはなりますが、こうしたちょっとした活動で森を作る活動に参加出来るのはいいですね。

自然公園や山が近くにあるよっていう方、子供とどんぐり拾いにいってるよって方は是非一度やってみてはいかがでしょうか?

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントが2件あります。

  1. ハマー より:

    素晴らしい活動ですね!今度は大阪城でどんぐり拾いイベントしたいですね(^^)

  2. 原 チャーム より:

    面白そうですね。
    僕も一度やってみたいな~
    問題はどんぐりどこで探すかな~
    仕事以外にそんな活動やると人生の楽しさを感じます。
    良い活躍を紹介してくれて本当にありがとう。良い記事でした。頑張って下さいね♪♪

DMサービスに関するご質問や自動見積もりはこちらから

困ったときは、お客様サポート

「DMについてもっと知りたい!」、「注文の仕方がわからない」など
ご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

  • お問い合わせ
  • ご利用ガイド