知ってトクするDM活用術

2021.11.15
DMのABテストを成功させるポイント

ダイレクトメール発送代行会社 サードパーティーの濵田です。

反響の良いDMを作る一番の近道が、ABテストを実施することです。とはいえ、正しい方法や考え方を知っておかないと、どれだけ続けても成果が上がらず、失敗に終わってしまうこともあります。そこで今回は、ABテストを成功させるために最低限知っておきたいコツを紹介します。

ABテストとは、複数(おもに2種類)のデザインやコピー内容をテストしながら、獲得効率の高いDMを追求していくこと。つまり目的は、「勝ちパターン」のDMを見出すことです。DMの良し悪しを決めるのは、あくまで見込み客やお客様ですので、実際にその反応を確かめながらおこなうABテストこそ、DMを成功させる上で最も重要な施策といえます。

ABテストを行う際には下記のフローを繰り返します。
1. 仮説立案
2. 複数パターンのDMを同時に発送
3. 効果検証
4. 仮説立案
5. 結果の良かったDMを残し、それと一部内容の異なるDMを同時に発送
6. 効果検証

一般的なABテストでは、デザインやコピーなどクリエイティブに関するテストを行います。他にも、商品の価格や売り方といった、マーケティング戦略全体も視野に入れたテストが行われることもあります。

おもなABテストの種類は次の通りです。

コピーテスト
DM本体のキャッチコピー(訴求ポイント)、封筒のコピーなどの効果を測定
デザイン/レイアウトテスト
メインビジュアル、コンテンツ構成、色、封筒デザインなどの効果を測定
オファー(特典)テスト
プレゼント、割引などの効果を測定
価格/売り方テスト
商品価格、サンプル商品推し、本商品推し、リピート購入推しの効果を測定
その他
形状テスト、封書DMの同封物テスト、申し込み方法や代金請求方法のテストなど

次回はABテストを成功させるポイントについて詳しく書いていきます。DMを成功させる近道「ABテスト」にご興味のある方は、」ぜひサードパーティーまでお問い合わせください!!

 

DMのお悩み解決いたします!

DMを発送するためには、たくさんの作業が伴います。
宛名印字や宛名貼り、封入作業や仕上げの検品作業など、
こういった作業は、お客様の本業ではなく、雑務に近いものも多くあります。
これまでお手伝いさせていただいたお客様の中で、
有能なスタッフの方がDMの発送前までの作業を任されており
たくさんの時間を割いている様子が伺えることが多くありました。

私たちのDMサービスでは発送に伴う色々な業務を、
喜んでお手伝いしたい!というスタッフが集まってお引き受けしています。
DMに関するお悩みなら、ダイレクトメール発送ONLINEにお気軽にお問い合わせください。
↓↓↓

外注なし!完全自社対応

0120-939-053

  • お電話でのお問合わせ
  • 無料お見積り
  • 資料請求・お問い合わせ

カテゴリー

人気の記事

DMサービスに関するご質問や自動見積もりはこちらから

困ったときは、お客様サポート

「DMについてもっと知りたい!」、「注文の仕方がわからない」など
ご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

  • お問い合わせ
  • ご利用ガイド